未経験のシステムエンジニアの採用

やはり、重要なのは他業種でどんな経験を積んだかということです。よくありがちなのは、二十代半ばで三年ぐらい社会人経験はあるものの、大学を卒業してから、その三年間で職を転々としているケースです。このような方は、未経験だと直ぐに辞めないかと心配になります。システムエンジニアはやはり一朝一夕で覚えることができない仕事であり、長年の実務経験と自主的な努力により、観に着く技術であります。
なので、未経験であれば、どんな職種でも良いので、三年ぐらいは同じ仕事を経験している方が望ましいです。三年ぐらい経験して何らかの見切りをつけたと言われれば納得はしやすいし、三年間で培われた能力がシステムエンジニアの業務に活かせる可能性が高いからです。
例えば、営業職を経験された方がシステムエンジニアに転職するといなると、全く異なる仕事なので、前職は何の役にも立たないと思うかもしれませんが、実はそうではないのです。システムエンジニアは、システムの設計をするのが仕事ですが、時にはお客さんとどんなシステムを構築すれば良いのかを話し合う機会が多々あります。そんな時にお役さんとコミュニケーションに慣れていれば、営業職の経験を活かすことが出来ます。
あと、設計したシステムについてプレゼンテ―ションをする機会もあるので、営業職でそんな経験をしていると有利になります。そういった強みを面接でアピールすれば良いかと思います。

キャリア採用について

キャリアがある人で採用したくなる方についてです。
技術力があることは言うまでもないですが、私的には自分のキャリアについて明確に説明できる方が望ましいです。なぜなら、自分に何ができるかを明確に説明できるということは技術力の信用性が高いからです。
また、最近では客先へ出向するケースが多いので、客先でキャリア説明が出来るとなると、現場でも好印象が期待されます。
となると、相手側も何が出来て何が出来るかを事前に分かっていれば、仕事の割り振りもしやすくなります。
あと、もう一つ大事なことは今後どんな技術展開、もしくはキャリアアップ(リーダー等)したいかを決めてもらうことです。若手であれば、最新技術を展開していく姿勢があれば望ましいです。となると、積極的に勉強したり、客先でやりたいことを提案していくなどの努力が必要になってきます。技術は自学習だけでなく、実務経験を積んでこそ価値があるものなので、何とか経験者の下で仕事をさせて貰う機会を作れるかがポイントになります。
また、やはり年配になるにつれて、新技術吸収力は衰退していくので、その時こそは、今までの経験を活かして、若い技術者を育成するか、チームを纏まる指導者を目指すのか、もしくは今までの技術で何とかエンジニアとしてやっていくのかがポイントになります。
キャリア採用の場合は、こんな感じで今後の展開をどんな風に考えているのかをヒアリングしていくことが大切です。

 

求人広告無料というのは助かる

IT系の求人というのは、プロジェクト形式などの作業の場合には、急に必要になったりすることもあります。こちらのサイトでは、求人広告無料ということで非常に助かります。急な掲載が必要なときでも簡単に掲載ができて人材の募集をすることができます。IT系の求人は適材適所が基本です。時間が経過してしまっては募集した人材がしっかり活用できないということがあります。求人を募集する際には、様々な手続きが必要に鳴ったりすることで、時間がかかってしまう場合があります。そういうことをしているうちに時間が経過してしまって、適材適所が実現できないことになる場合も少なくありません。そういうことにならないという意味でも無料で広告を掲載できるということは非常にありがたいことです。今後も機会があれば、度々利用をさせていただきたいと考えています。このようなサイトがあったことを非常にうれしく思っています。非常に助かる存在だと思います。