採用祝い金でモチベーションアップ

私は大学卒業後、新卒として入社した企業から採用祝い金というものをいただきました。

採用が決まったあとの研修期間中に、人事部長から1人1人祝い金の明細書が配られました。

自分が社会人になったという実感が沸いて、嬉しくて明細書は今でも大切にとってあります。

しかし企業がどうしてそのような祝い金を下さったのかを理解するのには、私が責任ある仕事を任されるようになってからでした。

仕事にも慣れ2年ほどしたときに、私はリーダーとして現場を任されるようになりました。正直とても負担でしたし、こなさなければいけない業務の量もぐっと増えました。

人と人の間に挟まれて悩むこともありました。やめてしまいたくなる時もありましたが、そんなときふと思い出すのが、企業から祝い金をいただいたときの気持ちです。

社会的経験もなくまだ若い自分を信用し雇ってくれて、その門出を祝ってくれたときの嬉しさを思い出すのです。

そうすると頑張ろう、という気持ちになれました。

その時に初めて、企業が祝い金を渡す意図がわかったような気がしました。

祝い金が新卒者にとって是か非かと問われれば、私はとても良いものだと答えます。

採用時に祝い金を貰える制度を利用するときの注意点

求人サイトの中には、採用時に祝い金を支給するという旨の宣伝をしているところがあり、就職支援金や入社祝い金などと呼ばれる制度が設けられている場合があります。この制度は、求人サイトを通じて採用が決まると、その応募者にお金が支払われるというものであり、その金額も1万円~40万円と高額です。しかしこの制度を利用する際に注意しておきたい点もいくつかあります。まず挙げられる注意点は、すぐに貰えるわけではないということです。採用された会社で、ある一定期間以上勤務しないと貰えないという要件が設けられていることも多く、その期間は3~6ヶ月というケースが一般的です。そして祝い金を貰うためには、入職後に自分で申請手続きをしなければならない場合がほとんどであるため、忙しくて忘れていたということがないように注意しましょう。さらに、祝い金を貰えることは応募者にとって嬉しいことですが、お金を目当てに応募するのではなく、自分に合った仕事を探すという本来の目的を見失わないようにすることも重要でしょう。

就職や転職が決まると採用時祝い金が支給されることも

就職や転職で採用が決まると採用時祝い金を貰えることがあります。採用時祝い金を支給するところは、求人サイトや会社そのものだったりと様々です。支給先がどこでも仕事が見付かり採用されるときに、思い掛けず採用時祝い金が手にできればこんなに嬉しいことはありません。

就職や転職が決まれば、何かと必要な物もでてきます。通勤に着用する洋服も一着しかないのでは不便です。靴や鞄、ハンカチにタオルなど言い出したらキリがありません。女性はお化粧品も必要でしょう。採用時祝い金が支給されれば必要な物を揃える際に、自己負担が軽減でき大きなメリットに繋がります。

採用時祝い金が支給されることを知らずに仕事に就き、思い掛けず手にされた方には幸運ともいえる出来事になるでしょう。しかし、採用時祝い金は必ず支給されるものではありません。祝い金を貰うためには、採用時祝い金が支払われる求人サイトを利用するか祝い金が支給される企業で仕事に就かなければなりません。仕事先が同じでも応募をする求人サイトが違えば、祝い金は支給されないこともあります。祝い金の有無は事前に確認することが重要です。

正社員やアルバイトに関わらず支給される採用時祝い金

就職や転職の待遇でよく目にする「採用時祝い金」どんな業種や働く形態で支給されるのか気になるところです。正社員として働きたいと就職活動をしていても中々自分にピッタリな仕事が見付からないこともあります。本業が見付かるまでの生活費も必要です。働く形態がアルバイトでも採用が決まれば採用時祝い金を支給してくれる会社は意外にも多いのです。同じ会社でも掲載する求人サイトによっては「採用時祝い金」を支給すると記載がない場合もあります。掲載されていない求人サイトから応募をしてしまうと「採用時祝い金」を受け取ることはできません。

採用する企業側からすると早く人材を集めたいときや仕事が大変そうなどのイメージが持たれ易い業種に「採用時祝い金」を支給する傾向があります。就職や転職を考え仕事探しをしている人には、採用時祝い金は嬉しい臨時収入です。正社員やアルバイトなど働く形態に関わらず、新しい仕事に就くときは多少なりとも準備が必要です。採用時祝い金が支給されれば、自己負担も軽減でき生活にも余裕が生まれます。「採用時祝い金」の有無は、就職活動をする際に注意すべき重要な項目の一つです。

会社の採用が決まったときの祝い金について

入社時に祝い金を用意することで、求人に応募してくれる人の数を増やす効果が期待できるでしょう。新しい会社に入るときは用意する物が多いため、金銭面でサポートしてくれる会社は非常に重要な存在となります。他の会社が祝い金を出していればそちらに人材が行ってしまう可能性もあるので、魅力的な人物を雇うためにもお金を用意しておくことが大切です。求人情報サイトでは応募者に祝い金を用意しているところもあるため、掲載前に確認しておくことをおすすめします。求人情報を運営している会社が祝い金を用意しているのであれば、自分たちが支払う必要が無くなるというメリットがあります。サイトに求人を掲載するための費用が少し高くなりますが自分たちで用意しなくて済むため、祝い金の相場が分からないというときに役立つでしょう。特別な資格を持つ人物を雇いたいときにも、祝い金を用意している求人情報サイトを利用するようにしてください。祝い金がもらえるサイトを積極的に利用する人はたくさん存在するため、資格を持っている人材に求人を見てもらえる可能性が高くなります。

貰って嬉しい採用時祝い金

正社員やアルバイトなどの勤務形態を問わずに、就職先が内定した場合に採用時祝い金を出す仕組みがもっと普及して欲しいです。求職者側の立場としては、採用時祝い金がもらえることで、就職及び転職活動を前向きに頑張ろうという意気込みが向上するからです。また、新しい環境での就業に向けて用意する必要があるものを買い足す為の資金としても、十分有効活用できると思います。例えば、新しいスーツを買って転職先で気持ち新たに頑張りたいと思っているならば、祝い金を購入費用に充足させてその願いを叶えることができます。次に採用者側のメリットとしては、採用時祝い金が出る点を求職者に売り込むことで、応募者数を増やすことができて、会社の知名度も上げられるだろうと感じます。現在、多くの企業が労働者不足に悩まされていて、採用活動が難航していると見聞きします。採用時祝い金を広く導入することで、人出不足の解消に繋がり、求職者達に働くことに魅力を感じてもらえるという良い循環が生まれると思います。